• 関係は強い

    携帯電話が活躍する場面は増えていますが、それに連れてビジネスフォンにも光が当たる事になるでしょう。そ...

    Read More
  • 仕事用の電話

    ビジネスフォンは仕事に特化した電話機です。携帯電話が普及した事で固定電話の回線契約は全体的に落ち込ん...

    Read More
  • 買うか借りるか

    ビジネスフォンを利用したい場合、レンタルするか購入するかが悩みの種になります。リース契約を締結すると...

    Read More

機能の追加が簡単

内線電話

携帯電話がビジネスにおいて多用されるようになりました。
その変化によって会社に備え付けられるビジネスフォンに影響があったと言えます。
しかしそれはビジネスフォンが携帯電話に取って代わられるという事象ではありません。
むしろ両者は協力して共存の道を模索しているのです。
それは両方に弱点があるからと言えるでしょう。
携帯電話は外部に持ち出す事ができる事が最大の特徴です。
外出中でも電話を受ける事ができるようになり、個人事業であれば事務所を設置する必要もなくなりました。
しかし携帯電話は持ち運びやすい反面、落とすと致命的な結果につながりかねないのです。
それは情報漏洩が社会問題に発展した事に起因しています。
情報の価値は年々高まっています。
以前は使用済みの磁気テープが駄菓子屋で売られていた時代もありますが、現在においてそれはあり得ないでしょう。
これは情報が重要な存在になった事による変化です。
だからビジネスフォンのリース契約が流行するようになりました。
リース契約が求められるのは機能追加が容易だからです。
レンタル機であれば本体の交換作業だけで済むので、作業に用いる人件費も抑えられます。
ビジネスフォンに情報を登録すれば、携帯電話を落としても心配ありません。
なぜなら携帯電話は電話をかける端末で、情報が全く入ってないからです。
このような使い方ができるためビジネスフォンには需要があります。
リース契約でレンタル機を使用すると、購入よりもコスト面では劣ります。
しかしこれは1つの機種しか使用しない場合においてです。
ビジネスフォンをレンタルではなく購入していた場合、使用しなくなった時の処遇が問題です。
前述した通り人件費が発生するので、リース契約よりも結果的にお金がかかる場合もあります。
リース契約でレンタル機を使う事は、予測できない未来の投資です。
ビジネスフォンの機種選定はレンタルと購入のどちらにおいても、先を考えて決定するものではないからです。

オススメリンク

関係は強い

携帯電話が活躍する場面は増えていますが、それに連れてビジネスフォンにも光が当たる事になるでしょう。
それは携帯電話が問題を抱えているからです。
携帯電話はセキュリティ性に問題があると言われています。
これは持ち…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728